HMBについて

HMBとは簡単に説明すると必須アミノ酸であるロイシンの代謝物質の一つです。
HMBに関する詳しいお話をさせていただく前に少したんぱく質の分解について説明させてくだい。
この説明無しではとてもHMBを説明できませんのでよろしくお願いします。
まず、たんぱく質(プロテインを含む)を身体に取り込むことで、私たちの身体はそのたんぱく質を分解をし、
そして、代謝をします。そのほんの少しにこのHMBがあります。
では、詳しく見ていきましょう。

 

たんぱく質

 

↓分解↓

 

ペプチド

 

↓分解↓

 

アミノ酸(このアミノ酸の中にロイシンという成分があります。)

 

↓代謝↓

 

HMB

 

という工程を経てやっとHMBはできるのです。
しかしこのHMB、食材などのたんぱく質から摂取できる量は本当に微量になります。
どのぐらいかと言いますと、
たんぱく質→ペプチド→アミノ酸
このように分解された後、このアミノ酸に含まれているロイシンのみがHMBへと変わります。
ロイシンはアミノ酸に含まれているので、そこですでに量は落ちています。
そこからさらに、私たちの身体の中でロイシンの5%のみがHMBとなって代謝されていきます。
食品から満足にHMBを摂取しようとすればえげつない量の食材を食べなければなりません。
もちろんそんなことはまず無理です。
なのでHMBをサプリメントで取ってしまおうというわけなんですね。

 

HMBの効果とは

HMBの効果は筋肉増強効果と筋肉減少抑制効果、筋肉の修復促進効果が期待できます。
筋肉増強効果はその名の通り、筋肉を増やすことを手伝ってくれます。
基礎代謝を上げるためには筋肉量を増やすことは必須ですのでここでまずメリットがあります。
そして筋肉減少抑制効果もその名の通り、筋肉の減少を抑えてくれます。
筋肉量が減ればその分、基礎代謝も低下するのでこれも嬉しいですよね。
また、筋肉の修復促進効果もあり、これは筋トレで傷んだ筋肉を早く治してくれます。
筋肉痛はあなたも経験があると思います。これは筋肉が修復しようとしているからなるんですね。
言い換えれば、HMBによって筋肉痛の時間を短縮できますので気持ち的にも楽になりますね。

 

HMBは実際に効果はあるのか

HMBの効果について実際はどうなのか気になりますよね?
結論から言わせていただきます。
効果はあります。
もちろん個人差はありますが効果はあります。
効果がないということもたまに聞きますが、
そういう人に話を聞くとある共通点が浮かび上がります。
それは『トレーニングと栄養、休息』この三つの基本を実践していないという点です。
このバランスが取れなければ間違いなく効果は出ません。
最悪の結果、怪我になりかねません。
逆に言えばこの基本を守って利用すればHMBはとても心強い武器になります。

 

HMBの一日の摂取量

一日に摂取していいHMBの量は最大で3gと言われています。適量は1.5gでしょう。
適量を取れば効果はあります。逆に多く取ってしまう効果が低減してしまう可能性がありますので注意が必要ですね。

 

HMBの副作用は?

結論から言ってHMBに副作用はないと考えられます。
HMBというものは、肉や野菜などの食材にも含まれています。
そして、今もあなたの体の中でも微量ですが合成されているんですね。
なので危険性はとても低いのです。
しかし、先ほどお話しした一度に摂取量を過度に超えて摂取してしまうと肝臓や腎臓へ負担がかかるので注意しましょう。

 

HMBは筋トレ初心者向き

HMBの効果が最も期待されるのは初心者に多いです。
もちろん個人差はありますが本格的なトレーニングをしていない人ほど効果を得やすいということが、
研究で明らかになっています。
もちろん現時点で軽いトレーニングをしているという人にも効果は期待できます。
早い段階で効果が見込めるのでモチベーションにも繋がってきます。
しかし、アスリートのような人には大きな効果というものは得られにくいんですね。
そもそもアスリート並みのトレーニングをしている人はトレーナーがいます。
そして食事制限から過酷なトレーニングまでしています。
その時点で筋肉量も一般人と比べ物にならない状態なので大きな効果は出にくいんですね。

 

HMBをより効率的に取るには

HMBにはお互いの力を最大限引き出しあう相棒のようなものがあります。
それが『クレアチン』です。
クレアチン単体にもHMBと同じ、筋肉増強効果があります。
これを併用することで、相乗効果を得られるのです。
実際にクレアチンを併用したトレーニングと併用しないトレーニングを比較した実験も行われていて、
クレアチンを併用した方が同じ時間で筋肉量がアップしたという結果も出ています。
より効率的に効果を得たいのなら併用も検討してみてはどうでしょうか。