SIXPADのジェルシートを長く使い続けるためには

SIXPADのジェルシートは消耗品です。これは半永久的に使い続けることは不可能です。
必ず定期的な購入が必須になってきます。
そのジェルシートの寿命として公式では30回ほどと記載されています。
使い方次第で30回ほど使えるのでしょうが、
口コミを見ていくと30回使う前に寿命がきた!という声もあるようです。
しかし、対応策はしっかりと準備されていますので安心してください。

 

ジェルシートを長く使うために

 

必ず台紙にくっつける

ジェルシートを長く使うために一番重要なことはSIXPADを張り付ける台紙にしっかりとくっつけるということです。
基本中の基本ですがこれを怠ってジェルシートが裸のまま放置されるとほこりや毛などのゴミがついて粘着力も落ちてきます。
なのでこれは絶対にしないでください!!

勢いよく剥がさない

SIXPADを使用した後は絶対勢いよく剥がさないでください。
正しい使い方をしてもジェルシートはつけたり外したりすれば必ず粘着力は落ちてきます。
なので、毎回勢いよく剥がしているとジェルシートの端がめくれてシートとシートがくっついてしまうことがあります。
実際に私も経験しましたがこうなると今までの綺麗に貼られたジェルシートに戻すのは至難の業です。
この症状は貼り替えたばかりとか関係なく起こる可能性がありますので注意してください。

無意味につけたり剥がしたりをしない

そんなのわかってるよ!と聞こえてきそうですが以外と多いのが無意味につけたり剥がしたりすることなんですね。
一度貼った場所が気に食わない、もしくは間違えた、などの理由からつけては剥がしてしまうんですね。
小さいことなので見落としがちな内容なのですがつけて剥がしての過程で確実にジェルシートは劣化しています。
なので確実に一発で決めれえるよう、
注意しながらSIXPAD(シックスパッド)を貼ってくださいね。
この情報は口コミにもあまり載っていないのですが、
私の周りのSIXPAD愛用者に話を聞くとほぼ全ての人が経験ありと答えました。

 

ジェルシートの粘着力が落ちてきたら

今までお話しした内容に気をつけながら使用していても必ず粘着力は低下していきます。
この時、この粘着力を新品同様とはいかないまでも復活させる方法があります。
正直メチャクチャ簡単なので使ってみてください。
必要なものは、水が入った容器(小さいもので構いません)、それとタオルだけで結構です。
ちなみに本体は防水仕様ではないので水をつけていいのはジェルシートのみです。
特に電極部分は絶対に濡らさないでください。

 

1、タオルを敷いてその上にSIXPADを置く。
2、指に水をつけて縦横、もしくは円を描くように擦ります。

  この時、ジェルシートから水が溢れた場合は敷いていたタオルで拭いてください。
  ゴミがある場所はそのゴミを追い出すように擦り、
  剥がれかかっているところは撫でるようにすれば治りやすいです。

 

終了!!

 

この方法を使えば綺麗になって長く使えると思います。
ただ何度も何度もこれをするとジェルシートが水分を多く含んでしまい、ベタつく可能性もありますのでやり過ぎは禁物です。
あくまで消耗品なので粘着力がなくなってきたら交換をおすすめします。

 

最後に

ジェルシートの粘着力がなくなってきた状態でSIXPADを使用すると電気刺激の伝導性が悪くなってしまします。
なので、粘着力がなくならない程度に手入れをして、なくなってしまったら交換をしましょう。
また、とても重要なことなので最後にお話しさせていただきたいことがあります。
意味のわからないメーカーが激安のジェルシートの販売をしています。
このようなジェルシートは絶対に買わないで純正品を使用してください。
実際に私の友人で激安ジェルシートを使いSIXPADが壊れて買いなおしたという人がいます。
あなたの大事な筋トレのパートナーであるSIXPADを故障させてしまわないためにもここでけは純正ジェルシートを使用しましょう。

 

また、定期購入を利用すれば定価より20%OFFで購入できますし、送料も無料になります。
使いきれなかった場合は次の配送をスキップすることもできます(但し、連続で2回まで)ので利用してみてはいかがでしょうか。

 

SIXPADのジェルシートを長く使い続けるためには